本文へスキップ

18歳! 選挙の教科書ガイド

―学校では教えてくれない政治家の選び方―



18歳になったあなたへ!

「明日は投票日です。選挙に行きましょう」と言われても、あなたにとって、初めての選挙です。どうしてよいかわかりません。そもそも、あなたは、誰が立候補しているのかさえも知らない状況です。

これでは、選挙に行きましょうと言う方がむしろ無謀です。

―よくわからないし面倒くさいから、もう、選挙に行くのは止めよう―

こうして、あなたは投票を棄権します。

なぜ、このようなことになるのでしょうか?  答えはとても簡単です。

なぜなら、あなたは、これまで、政治家の選び方を教わったこともなければ勉強したこともないからです。


目次(予定)

18歳になったあなたへ!

第1章 選挙はおもしろい 
   ―選挙を知ればみんな評論家になる―

1-1 選挙は戦いである 
  政権を担う意味を理解する

1-2 選挙特番を楽しもう
  選挙について学び参加するから開票結果にドキドキする

1-3 あなたが投票するから世の中が変わる
  たかが1票されど1票

1-4 選挙はギャンブルと違って細工ができる
  リターンはギャンブルより大きい

1-5 政治の話がタブー視される世の中はおかしい
  昨日のスポーツ結果を話すように政治の話をしよう

1-6 残念ながら国民のレベル以上の政治家は生まれない
  国民が勉強し質の高い政治家を生み出す


第2章 投票のために必要な基礎知識 
   ―投票するにも勉強が必要―
2-1 いい政治家とはどんな人? 
  政治家にとって必要な素養
2-2 政治家がやるべきことは? 
  政治家の仕事
2-3 政党とは?
  政権の獲得を目指す政治集団
2-4 世の中で問題となっている重要事項
  自分の考えを決めておかなければならない重要問題を把握する
2-5 選挙制度
  最低限の仕組みは押えておく

第3章 間違った政治家を選ぶ5つのリスク   
   ―リスクを最小化するにはリスクをはっきり認識する
3-1 自分の価値観が誤っているリスク
  あなたを取り巻く環境によってあなたの価値観は変わる
3-2 正しい政策を見極められないリスク   
  政策の適否を見極めることは難しい
3-3 入手した情報が誤っているリスク
  情報は不確実なものである。
3-4 選んだ政治家が公約を守らないリスク
  実は一番大事な政治家の誠実性
3-5 選んだ政治家に実行力がないリスク
  いくら「いい人」でも実行しなければ意味がない

第4章 投票のための準備をする
   ―あなたの分析力が試される
4-1 あなたはどんな世の中を望みますか? 
  今のあなたの価値観をはっきりさせる
4-2 あなたはどんな政策を望みますか? 
  あなたの価値観を満たす政策を考える
4-3 多角的観点から情報収集し整理する
  HP、Blog、Twitter、FB、ビラ、選挙公報、政見放送、新聞広告、街頭演説……
4-4 情報を分析する   
  必要な項目を表にまとめてみる
4-5 候補者の人柄を見極める 
  価値観や誠実性を考える
4-6 候補者の能力を見極める   
  得意分野と政治家としての成長可能性
4-7 政党の基本方針を理解する   
  政党の価値観は候補者の価値観を左右する
4-8 重要な争点に漏れがないか確かめる
  国民が受け入れにくい政策は隠される
4-9 現職については議員としての実績を検討する
  公約を実行する努力をしたかどうかがポイント
4-10 新人についてはこれまでの経歴を検討する   
  議員になった場合の可能性を見極める
4-11 議員になりたい動機を把握する   
  動機が政治の質を大きく左右する
4-12 候補者のネガティブ情報を分析する
  あなたが見落とした視点を教えてくれる

第5章 投票を決断する前に留意すること
   ―それでも投票することが大事
5-1 結局はベターの選択でしかない   
  自分にとって完璧な候補者などいない
5-2 白紙投票でも投票したことになるか? 
  他人に任せることは無責任
5-3 党議拘束と候補者の公約   
  党の意向に逆らえない現実
5-4 無所属にも色がある   
  支援者の顔ぶれでわかる政党色
5-5 1人区で同じ政策を主張する複数の候補者がいる場合
  票が割れるリスク
5-6 地方議員が国会議員を支える構図   
  ミクロの視点がマクロの視点を誤らせる
5-7 親戚、知り合い、有名人に投票すること   
  候補者への親近感と政策の実現は関係ない
5-8 組織の縛り   
  本当に所属組織の意向があなたにとって大事ですか?
5-9 現在と将来のバランスを考える   
  目先の利益を優先すると将来大変なことになる
5-10 言葉のマジックに騙されない   
  曖昧な表現で逃げる候補者
5-11 すべての人が満足する政策はない   
  利害が対立する中で調整する
5-12 あなたが希望する政策が複数の候補者に分かれて主張されている場合   
  政策の優先順位と候補者の人間性
5-13 権力の行使には訓練が必要   
  権力を握ってはいけない人は落とす

第6章 あなた自身の考えを見つけてもらいたいこと
   ―正しい答えなどないことに意見を持つ
6-1 一部の人に将来を任せてしまっていいか?
  自分に降りかかる本当に重要な問題は人任せにできない
6-2 利益誘導する政治家はいいか?   
  公約と国民への贈賄の違い
6-3 どうしても投票したい候補者がいないとき   
  自分で立候補しても必ずしも思い通りにはならない
6-4 政治家の公正性とはどのようなもの?
  政治家は全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない
6-5 政治家と詐欺師の違いは?   
  政治家の責任について考える
6-6 ブレないことと柔軟性   
  最後は人間性


はてなブックマークに追加  

follow us in feedly

事務所

〒414-0002
静岡県伊東市湯川3-11-2
SANTAIビル

TEL 0557‐38‐1251
FAX 0557‐38‐1252


吉雄太の政治活動用ポスターを掲示してくださる方を探しています!
ご自宅の壁や敷地の塀、その他ご自身の所有地内に、ポスターを掲示してくださる方は、下記までご連絡ください。

(連絡先
日吉雄太事務所
TEL       0557−38−1251
FAX       0557−38−1252
メール   mail@hiyoshi-yuta.org

メルマガ購読・解除

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 
 

1-5 政治の話がタブー視される世の中はおかしい